スタッフブログ

知多郡東浦町からアジリティーレッスン

アジリティー知多郡東浦町からコイケルホンディエちゃんがアジリティーレッスンに来てくれました。
そんなに練習はされていないそうですが、ハンドリングは基礎がしっかりしていて上手なハンドラーさんでした。

並走スタイルで練習されていたようで、これは上手くいっていたのですが、スピードを上げてもらうと失敗が出るようです。
先行するとかなりスピードがupする子なので、それによって機材を抜いてしまうのですが、プロンプトを少しずつ減らしていく練習をすれば、問題なく遂行してくれるようになると思います。

次回からは、中級のグループにご参加されると思いますので、皆様よろしくお願いします。

安城市のアジリティーグラウンド

Aフレーム今日は、安城市のアジリティーグラウンドで自作Aフレームを撤去してきました。
運転席の上まで詰めてギリギリ入ってくれたのでよかったですが、車の運転が少々大変なことになっとりました。
休みで暇にしている友人に手伝ってもらったので助かっちゃいました。もつべきものは友ですね。

Aフレーム軽自動車では、遠征や荷物を積み込むのはちょっとキツイ、性格的に車をきれいにすると言うことは絶対にないので、中古のハイエースを買うか?しかしながら、お金がありませんのでしばらく我慢するか、どうしたもんかなぁ。

名古屋市でアジリティーお疲れ様&クリーンランお祝い会

アジリティー飲み会アジリティーメンバーでお疲れ様&クリーンラン祝い会をしてきました。
なかなか難しかった子のCRは本当に嬉しいですね。思わず会場で泣いちゃいそうでした。
皆さん上手くなっているのは間違いないので、いかに地味な基礎練習をレッスンの時に入れていけるかという、私の責任になってきますね。なかなか難しいのよねー、魔法使いになれんもんだろうか。
アジリティー飲み会
飲み会では、密かにハイペースで飲みすぎて、何喋っていたのかあまり覚えてないのが怖い~です。
という事で、酒の席でのことは忘れましょう。名古屋は遠いので碧南がええですね~

写真も撮るのがいい加減なんで全員写ってないですが、これが竹内塾の花形アジラーの皆さん。
上手い下手じゃあないんですよね、どうやってアジ練してきたか、それに尽きると思います。皆さん楽しそうでいいです。
効率よく短く練習、二人の世界に入りましょう。

アジリティー初級レッスン

アジリティーアジリティー初級レッスンにシェルティーのハッピーちゃんとキャバリアのマイキーくんにご参加いただきました。
暑い中、頑張ってくれてありがとうございます。
初級の子達は、まだまだ気が散る事が多く、なかなか集中して走るのが難しいのが課題です。
秋口からのお悩み解決合同レッスンでこの辺りを打破していきたいと思います。2時間ほどかけて、数頭で同じ空間で飼い主さんの価値を上げていくレッスンを考えたいと思います。強制的な刺激は使いたくないので時間をかけて、他犬や他人に馴化してもらって、飼い主さん自身が史上最強のご褒美になっていただけるような事がしたいですね~。
ナイター設備がほしいなぁ~

子犬のしつけ、パピーパーティー

子犬のしつけ日曜日は、月に2回ほどパピーパーティー(子犬のしつけ教室)を開催しております。
先日は、5頭の子犬がやってきてくれました。
最初のうちは興奮して吠えている子も、さすがは子犬、すぐになれていい感じでご挨拶をしてました。
ウチのパピーパーティーの特徴は、呼び戻しや、お座りなどの服従訓練はあまりやらずに、とにかく同じ空間にいて嫌な思いをさせずに、いい思いだけをしてもらえるように、少しずつ他犬、他人になれていってもらいます。
将来的に無駄吠えを減らすためにはこういうのが大切だと思います。
ご参加を検討されている方は、お気軽にご連絡ください。
オススメは、プライベートの子犬のしつけ教室を受講しながら、日曜日のパピーパーティーにもご参加していただけるとより効果的だと思います。

留守番中の犬のトイレのしつけ2

ダックス留守番中の犬のトイレのしつけで困ってしまうのは、踏んでしまってグチャグチャになっているのを毎日掃除することですね。
そんな、ダックスちゃんのトイレのしつけが上手くいきだしました。
初回の相談の時に、サークルを大きくしてもらい、中に大きめのトイレを入れてもらったのですが、どうしても上手くいかず、
帰ってくるとやっぱりグチャグチャということでした。
フリーの時には、サークルには戻ってするのですが、トイレシートは絶対に外してしまうというお話でしたので、
思い切って勝負に出てもらいました。
フリーの時には、サークルの中に戻ってトイレをしてくれるということは、留守番中もフリーにしてしまえば、トイレシートの上ではしないものの、踏んで大変なことになるのは避けられるのではないかと思い、実践してもらったところ、思った通りの結果が出ました。踏んでなければ掃除も楽ですので、後は、そこからトイレシートの上での排泄をゆっくり強化して行きたいとおもいます。勝負に出ていただいてありがとうございます。

常滑市からイタグレちゃんが来てくれました

イタグレ常滑市からイタグレちゃんがしつけ教室に来てくれました。怖がりな子が多いというイメージでしたが、この子は全く怖がらずに楽しそうに探索していましたので一安心です。ずっと動いているので写真がうまく撮れません。
大切なパピーの時期に、良い経験をさせてあげることによって、今後の問題行動を減らすことができます。
犬のしつけ教室に行こうか迷っている方は、是非、ワクチンが3回終わるのを待たずに、先ずはご相談ください。
29日 日曜日の13時からパピーパーティーも開催しております。ただいまご参加予定のパピーちゃんは4頭です。
ご興味がありましたらご連絡ください。

犬の猫は仲良く暮らせるのか

犬と猫犬と猫は上手く暮らしていけるのか?ウチの場合は、猫のちーちゃんは、3頭の犬と上手くやってくれています。そもそも全く怖がらないので逃げる行動をしないため、犬も追いかけようがないです、ボーダーのファンも全く無視です。
ソフトは面倒見がいいので遊んでくれたりしてます。ここに全くコントロールが効かない犬が入るとまた違ってくるとは思いますのでケースバイケースなのでしょう。
犬が他の動物に対して噛み付きがあるかないか、猫が怖がっていないか、が重要なところです。
いずれにしても、犬猫の共存を考えてみえる方は、長い目で見て上げることが必要だと思います。

散歩中の他人、犬への吠え対策

ジャックラッセルテリアこちらは、ジャックのロッティーさん。この子はかなりの犬嫌いなので今までは全く吠えなかったのですが、最近は散歩の前半で他の犬に吠えるようになってきました。パピーパーティーにもご参加くださっているので、なんとか吠えが減らせるように頑張りたいと思います。

こちらは、チワワ×ダックスのまるちゃん
最初の動画と2番目の動画では、かなり他人への吠えは改善されてきています。この子は室内での来客時の無駄吠えもかなり良くなっていますので、後は他の犬への吠えですね。

岡崎市に出張トレーニング

チワワ今日は、一応、定休日なのですが、岡崎市に犬の出張しつけに行ってきました。
お仕事を頂けるのは本当にありがたいことです、ありがとうございます。
1頭は、プードルのパピーちゃん、どうしても吠えるようになると困るということでご依頼いただきました。今のところ吠えと、トイレのしつけに関しては上手く行くと思われるので一安心です。

もう1件は、チワワの無駄吠えのしつけでした。こちらも吠えはかなり減らせると思うのですが、如何せん、どこの家庭も同じですが、お客さんがみえる頻度が少ないので、馴れるという事が成立しにくいのが問題です。僕が居るあいだの吠えに関しては、いつもお客さんが来ている時より、かなり減っていたので上手く言ってくれると思うのですが、あれこれ頭を使って対処していきたいと思います。

写真は、碧南市のチワワちゃんパピー。この子は安定したいい子でした。このまま育ってくれるように頑張りたいと思います。

さてさて、
自分が冷静に対処で出来るように覚書。
因みに、僕はこんなに完璧に出来たことは一度もないですけど・・・

アジでの、キュー付けでのポイント
犬がコースを決めて走って行ってからでは旋回してほしくても間に合うはずが無い
ハンドラーが、いかに先行してキューを出していくかにかかってます

初めは分かりやすく機材を一つにして無誤弁別学習に終始するに尽きる
そのときに気をつけたいのは、機材が一つで、間違えようが無い状況でも
キッチリ、キューを先行して出し、理解してもらうような練習の積み重ねが大切ですね。
失敗して、もう一回、もう一回の練習では、最終的には上手く行っているようでも
万年初心者の域からは脱することは出来ない と思います。
これでは、本番では絶対にCRはないですね。
なんとなくは走れるけど・・・なんとなく止まりになってしまいます。

ハードル1個、トンネル1個で、人の位置、犬の位置、手の角度、振り、動き、体の向きなど、
何をキューとして意識的に出して、犬に意識的に理解してもらうか、
1回も失敗させないで、進めていければ完璧です。
アジにおいては、何が失敗か犬に理解してもらうのは非常に困難です。
意欲的に動いてくれている限りは、全てが正解・・・です。

意欲的な子にとって、走れば走るほどに、内的強化子が出てしまうので、
ハンドラーからの外的な強化子の価値を上げていかないと、どうにもなりません。
そこで、重要になってくるのが、許可の合図と終了の合図をキッチリ理解してもらうこと。

これらを、生活の中で使っていって、ハンドラーが般性強化子となれば、事が上手く運ぶんですが。
アジやオビなどのトレーニング好きの方にとっては、それ自体が強化力が強いので
どうしても、練習してしまうんですよね。走って、少し上手く行ったときの爽快感は堪りませんからね

ここで、私たちの腕の見せ所なんですが、人にいかに意欲を落とさずに地味な練習をしてもらうか、
地味といっても、かなり地味なのでつまらんですからね。
アジやオビは、上達することが明確な強化子として確立してるのでいいのですが、

問題は、問題行動で悩まれている飼い主さんです。
そもそも、何かが上達したくて来ていただいている訳ではなく、
問題行動をなおしたくてみえているわけです。
負の強化(行動の直後に、ある刺激が消失すると、その行動の生起頻度が増える)
の随伴性なので、どうしても意欲的にはなりにくいですよね

分かりやすく言えば、頭が痛い時に薬を飲む行動、

頭痛い ⇒ 薬を飲む ⇒ 頭痛くない

誰しも、楽しんで薬を飲む行動をしているわけではないので、

逆に、アジなどは、同じく 飲む行動に例えると お酒やジュースを飲む行動に似てます

ハードル飛べない ⇒ 練習する ⇒ ハードル飛べた
おいしさ無し   ⇒  酒を飲む ⇒ おいしさ有

上達するのが強化子になっているので、意欲的に練習してもらいやすいです。

要するに
飲みたくて飲む行動をとっているお酒。
出来れば飲みたくないけど、飲む行動をとらざるを得ない頭痛薬

どう、がんばったって頭痛薬を楽しそうに意欲的に飲む行動は引き出すことは出来ない
と、いうことは、問題行動をなおす練習も意欲的になりにくいということですね。
これが、犬のトレーニングは簡単なんだけど、難しい という所以です。
トレーナーのこれからの課題ですね。

これを打破するのは、今の所、グループでのレッスンで楽しく進めていくのが一番かな。
なおかつ、問題行動を直接なおそうとしない事は本当に重要です。
人間に犬の問題行動が降りかかると、どうしても、困って『イライラするわ~』となりますよね
ようは、自分の身に嫌なことが降りかかると腹立つんです。

問題行動をとっている犬からしてみれば、それを止めさせようとする人の行動自体が、
自分に降りかかる嫌なことですから、どうしても犬も 『イライラするわ~』となってしまいます。
イライラすると、どうしても、怒ったり、力で押さえつけたりしてしまいがちになります、
犬もイライラすると、同じように、力で反発してくることが多くなります。
反発したときに、人が躊躇して引いてしまうと、
負の強化の随伴性によって、反発する行動が増えてくるでしょう。
かと言って、おとなしく服従するまで押さえつけるのは、下手をすると咬み犬を作ってしまうことになりかねません。
ようは、嫌だって言って反発しているのに、さらに押さえつけるわけですから、
女の人が痴漢にあっている状況と似ている、やめてといっても止めてもらえなかった場合
もっと、強く意思表示するはずです。もしくは、恐怖から動けない状態にさらされる。
押さえつけられている犬からすれば、もっと激しく抵抗せざるを得ない状況に追いやられるわけです。

そこで、咬みつきがでます。咬みつかれたら、さすがに人は躊躇してしまう。

押さえつけられている ⇒ 咬みつく ⇒ 押さえつけられていない

『咬みつけば止めてくれるんだ』 という学習になりやすいわけです。

非常に困ったことになりかねません。

こういうことにならないように、やっぱり、なおすのではなくて、教えるが重要。
それでもって、別のカリキュラムで抑制を養うトレーニングを行う。

ここ最近、無力感にさいなまれることがちょこちょこあるのですが、 

結局のところ、自分の行動が一番調節が効くわけですから、
自分の行動を変えることによって、随伴性に変化を起こして行くことが出来ればいいのですが、
なかなか、自分の行動は見えないんですよね。