Author Archive for staff

トイプードル ハウスの練習

トイプードル ハウス練習トイプードルのカイ君とクーちゃん、ハウスの代わりにキャリーの中に入る練習をしてみました。動画にはないですが2頭同時にキャリーに入る練習もしてみましたが、結構上手く行ってました。あとは、ご褒美をなくしていく作業ですが、家庭犬なのでご褒美ありで問題行動が改善できるならそれはそれで全く問題ではないと思います。
食べ物をご褒美で使う、使わないなんて本当はどうでもいいと思うのですが、
ご褒美のフードをなくしたいと言うご要望があればお答えしますけどね。

犬のトイレのしつけ

猫のちーちゃん中々、トイレのしつけで苦戦させられたちーちゃん、他の子は一回も教えなくても覚えてくたのですが、この子は、尿道の手術を何回も受けていて、長い間オムツをしていたんで仕方ないですね。最近は上手く行きだしたのでホッとしています。

さてさて、
皆さんが子犬、成犬を迎えて一番最初の困ったは、トイレのしつけだと思います。
人間の子供に教えるよりは、ずっと早くに覚えてくれますので、そんなに難しくはないのですが、ちょっとしたコツが要ります。ようはトイレでしてくれるような環境設定とトイレでしてくれた時にしっかりと強化してあげることです。要するにその子にとって価値のあるご褒美の提示です。人間だって、このトイレでしたら1,000円もらえるのに気づいたら並んででもする方が多いはずです。

間違っても失敗した時に怒ってしまうのだけは避けたいです。犬はまさか世の中にトイレなんて言うものがあることを理解できませんし、立小便しているおっさんを怒ったところで、別の場所でやるだけなのと同じで、鼬ごっこになってしまいます。
そのうち、この人がいる時はオシッコすると怒られるからヤバイぞ となるわけです。

人間が居るときは、ヤバイと言う学習をしてしまうと大変です。

飼い主さんもそんなことを教えたいわけではないのですが、
犬はこの人、トイレすると怒るよねと思ってしまう子が多いです。
どうやったら褒める機会が作れるか、これを考えて褒める機会を作っていくしかないです。

人が居るときには、絶対にオシッコをしてくれなかったダックスちゃん、当然、人が居ないときを見計らって失敗していました。ここに来てようやく成功率も上がってきました。ここまで一週間かかりました。

当然、アジリティでも服従訓練でも同じことです。
そもそも服従ってどういうこと?ですけど

オビ好きの方は、ゲーム感覚でやっていれば良いのですが、
ゲームなので当然、怒る、キレルは無しですよ。
そうでない場合は、教えると言うよりも、
犬が、こうしてれば怒られないよねと、怒られない行動を探してがんばっている感じですよね。

それで、信頼関係、基礎は服従訓練が大切と言うのはちょっと変です。

出張トレーニングなどで、トレーナーの車が来ると犬が萎縮すると言うことをよく聞きますが、
残念な状態ですね。

犬が上手く動いてくれないのは、反抗してるとか服従してないとかではなく
解んないから動きようがない、下手に動くと怒られるからゆっくり動く、様子を伺いながら動く、

とにかく解りやすく親切丁寧に教えてあげることです。

この過程が信頼関係の築きに大切だと思います。

ヒールポジションやフロントポジション

ボーダーコリー ウィズちゃんボーダーコリーのウィズちゃん、素直な性格で理解してもらうのもとってもはやい子です。犬に吠えるのがちょっと大変ですが、先日のレッスンではいい感じでしたので、上手く行くと思われます。
アジにもご参加くださいますので、よろしくお願いします。

さてさて、
犬のオビディエンスの練習で、ヒールポジションに入れた時に、ズレに対して合図を付けて入れ直したりすると、いつまでたってもビギナーのレベルから抜け出せないと思います。イメージとしては、「先ずはズレて入って、そのあとに修正(2度目の合図)してもらってから少し動けばいいんだね」と言う感じでしょうか。それよりも、ずれた時に少し我慢して考えてもらい、自分から修正を少しでもしてきたらそれを強化してあげたほうが理解度が速いです。
で、それを実践してもらい易くするために、先ずは、ハンドラーも犬も歩きながら的確な位置を強化して行くのが簡単なような気がします。これならつけ直しをする必要が全くない、そもそも ずれている状態から、的確な位置にいる時にマークするだけなので利にかなっているかなぁーと。
ということで、先ずは、動きながら。的確に理解してきたら犬にだけ動いてもらってキッチリ入ってもらう。如何でしょうか。
オビディエンスレッスンもご希望があれば開催いたしますね。理解しにくいと思いますので是非リクエストください。
よく使う懐かしい動画、ファンちゃんがウルサイです。

ブリタニースパニエル リンちゃん

ブリタニ―スパニエル リンちゃんブリタニーのリンちゃん、アジもボチボチ頑張ってますが、
近頃暑いので、涼しい室内で鼻を使ったサーチゲームをしてみました。
犬なので、鼻を使った活動は大好きですし、これぐらいの事は簡単なんですが、リンちゃん初めてなのにオヤツの誘惑に負けずにターゲットのティッシュを探し当ててくれたのは凄いと思います。

動画を見てると あのパワフルなリンちゃんが落ち着いて作業をする様子が何やら不思議に思えるのは僕だけでしょうか?

初めてなので、ティッシュには食べ物ではない強めの匂いがつけてあります。先ずは、鼻で探す行動を強化しないとね。

最初の動画はすぐに手伝ってあげて、次の動画では手伝いなしで頑張ってもらいました。

犬はご褒美でつらない

ボーダーコリーホテル中のボーダーコリーのジョウジロウは、帰っていきました。寂しいよう無事に帰せてホッとしたような気持ちですね。

さてさて、
クリッカーなどでシェーピングしてるとき、最終目的の行動に少しでも近い
初めの1歩的な行動を強化していって、
さらに目的の行動に近い行動をしてもらう為に、
その行動を消去して消去バーストでもって
初めの2歩的な行動を出して行くみたいですが、
これでもって、3歩、4歩と続いていくんですが、

イメージとしては、そのゲーム全体(関係者も含み)が好きならバーストが起こってイラッとすると言うより

強化が止まったら考える感じになってくれると思う。なって欲しい。

なので、やっぱりどうやって伝えて、相手がどう感じてくれたかに尽きるね。

何か、苦手なものに慣らすときも、
ご褒美を使って拮抗条件付けをすることが多いんですけど、どうなんでしょね。

そもそも、『隣の怖い親父の家にボールが入ってしまって取りに行ってるようなものなので』
ボールは欲しくて取りに行ってるけど~ボールは獲得できたけど、

その親父のことは好きにはなってないみたいな。

だから、系統的脱感作と併用していかないといけないんだな!

親父と毎朝、顔おあわせて少しずつ挨拶するようになって、

気づいたときには、『べつに怖い人じゃないじゃん』みたいに。

っていうかこっちの方が効果的だね。

なので、抱っこすることに馴らすときも
抱っこに馴らすんじゃなくて、

その人って悪い人じゃないね 的なイメージで、
その人の動きに馴らすのがいいですね。

犬のホテル中のチワワん

犬のホテル チワワホテルでのお預かり中のチワワのアンちゃん、パピーのころからしつけ教室に来ていただいているので、僕にも環境にも慣れていて全く心配ないです。子犬のころからの経験って大切ですね。

子犬を迎えたら、ワクチンが終わるまで待たずに、是非ご相談くださいね。もっと良いのは子犬が来る前にカウンセリングを受けて頂くことです。本当にお勧めいたします。

いいイメージだけのこそ

アジリティードラハAGはシーソー完全拒絶という、ちょっとびっくりした結果でしたので、すっかり忘れることにします。良いイメージだ残す作戦でいきます。

良くついてきてくれてるんですね

ドラハ アジリティー競技会 

アジリティー シーソー ドッグウォーク

ドラハで行われたアジリティーにご参加された皆さんお疲れ様でした。

次回からのレッスンで何が必要かが非常によく見えた2日間でした。
これからの練習は、また地味~な基礎の繰り返しを行いたいと思います。
その中でもスラの強化は徹底的に。

ハンドリングについては、タイミングと体の向き、手の出し方を徹底的にやりましょう。
これからは、ファンちゃんも練習に参加させますのでよろしくお願いいたします。

昨日のシーソー完全拒絶には困ったものでしたが、
こちらも、地味~に改善していきます。
6月のSTには間に合わせたいので、少々まめに練習に励むことになりそうです。
ハンドリングに至っては、旋回のタイトさ、着地してからの踏み出しスピードUPを図ります。

CRしたJPを見ても、もう少しスピードUPしてくれないとタイミングが合いにくいので
犬には面白いけど、人間には地味で飽きる練習になるかと思います。

面白くなりそうですね~

ドラハ アジリティー 競技会1日目

犬のアジリティー競技会昨日の一夜漬け練習は実らず、シーソーは完全拒絶されました。
JP3はまずまずでしたので良かったのですが、シーソーに関しては、1度で走っている時にも悩まされた問題です。夏の間にキッチリ修正しておかねば。

話は変わりますが、先日の勉強会の時に教えていただいたのですが、
恐怖反応は馴化するのですが、嫌悪感は馴化しないので拮抗条件付けをしないといけないらしいです。
今までと同じように、脱感作と拮抗条件付けを施すいうことになりますね

今までどうりなのですが、なんかちょっと賢くなったような気がする