しつけレッスン

散歩中の他人、犬への吠え対策

ジャックラッセルテリアこちらは、ジャックのロッティーさん。この子はかなりの犬嫌いなので今までは全く吠えなかったのですが、最近は散歩の前半で他の犬に吠えるようになってきました。パピーパーティーにもご参加くださっているので、なんとか吠えが減らせるように頑張りたいと思います。

こちらは、チワワ×ダックスのまるちゃん
最初の動画と2番目の動画では、かなり他人への吠えは改善されてきています。この子は室内での来客時の無駄吠えもかなり良くなっていますので、後は他の犬への吠えですね。

岡崎市に出張トレーニング

チワワ今日は、一応、定休日なのですが、岡崎市に犬の出張しつけに行ってきました。
お仕事を頂けるのは本当にありがたいことです、ありがとうございます。
1頭は、プードルのパピーちゃん、どうしても吠えるようになると困るということでご依頼いただきました。今のところ吠えと、トイレのしつけに関しては上手く行くと思われるので一安心です。

もう1件は、チワワの無駄吠えのしつけでした。こちらも吠えはかなり減らせると思うのですが、如何せん、どこの家庭も同じですが、お客さんがみえる頻度が少ないので、馴れるという事が成立しにくいのが問題です。僕が居るあいだの吠えに関しては、いつもお客さんが来ている時より、かなり減っていたので上手く言ってくれると思うのですが、あれこれ頭を使って対処していきたいと思います。

写真は、碧南市のチワワちゃんパピー。この子は安定したいい子でした。このまま育ってくれるように頑張りたいと思います。

さてさて、
自分が冷静に対処で出来るように覚書。
因みに、僕はこんなに完璧に出来たことは一度もないですけど・・・

アジでの、キュー付けでのポイント
犬がコースを決めて走って行ってからでは旋回してほしくても間に合うはずが無い
ハンドラーが、いかに先行してキューを出していくかにかかってます

初めは分かりやすく機材を一つにして無誤弁別学習に終始するに尽きる
そのときに気をつけたいのは、機材が一つで、間違えようが無い状況でも
キッチリ、キューを先行して出し、理解してもらうような練習の積み重ねが大切ですね。
失敗して、もう一回、もう一回の練習では、最終的には上手く行っているようでも
万年初心者の域からは脱することは出来ない と思います。
これでは、本番では絶対にCRはないですね。
なんとなくは走れるけど・・・なんとなく止まりになってしまいます。

ハードル1個、トンネル1個で、人の位置、犬の位置、手の角度、振り、動き、体の向きなど、
何をキューとして意識的に出して、犬に意識的に理解してもらうか、
1回も失敗させないで、進めていければ完璧です。
アジにおいては、何が失敗か犬に理解してもらうのは非常に困難です。
意欲的に動いてくれている限りは、全てが正解・・・です。

意欲的な子にとって、走れば走るほどに、内的強化子が出てしまうので、
ハンドラーからの外的な強化子の価値を上げていかないと、どうにもなりません。
そこで、重要になってくるのが、許可の合図と終了の合図をキッチリ理解してもらうこと。

これらを、生活の中で使っていって、ハンドラーが般性強化子となれば、事が上手く運ぶんですが。
アジやオビなどのトレーニング好きの方にとっては、それ自体が強化力が強いので
どうしても、練習してしまうんですよね。走って、少し上手く行ったときの爽快感は堪りませんからね

ここで、私たちの腕の見せ所なんですが、人にいかに意欲を落とさずに地味な練習をしてもらうか、
地味といっても、かなり地味なのでつまらんですからね。
アジやオビは、上達することが明確な強化子として確立してるのでいいのですが、

問題は、問題行動で悩まれている飼い主さんです。
そもそも、何かが上達したくて来ていただいている訳ではなく、
問題行動をなおしたくてみえているわけです。
負の強化(行動の直後に、ある刺激が消失すると、その行動の生起頻度が増える)
の随伴性なので、どうしても意欲的にはなりにくいですよね

分かりやすく言えば、頭が痛い時に薬を飲む行動、

頭痛い ⇒ 薬を飲む ⇒ 頭痛くない

誰しも、楽しんで薬を飲む行動をしているわけではないので、

逆に、アジなどは、同じく 飲む行動に例えると お酒やジュースを飲む行動に似てます

ハードル飛べない ⇒ 練習する ⇒ ハードル飛べた
おいしさ無し   ⇒  酒を飲む ⇒ おいしさ有

上達するのが強化子になっているので、意欲的に練習してもらいやすいです。

要するに
飲みたくて飲む行動をとっているお酒。
出来れば飲みたくないけど、飲む行動をとらざるを得ない頭痛薬

どう、がんばったって頭痛薬を楽しそうに意欲的に飲む行動は引き出すことは出来ない
と、いうことは、問題行動をなおす練習も意欲的になりにくいということですね。
これが、犬のトレーニングは簡単なんだけど、難しい という所以です。
トレーナーのこれからの課題ですね。

これを打破するのは、今の所、グループでのレッスンで楽しく進めていくのが一番かな。
なおかつ、問題行動を直接なおそうとしない事は本当に重要です。
人間に犬の問題行動が降りかかると、どうしても、困って『イライラするわ~』となりますよね
ようは、自分の身に嫌なことが降りかかると腹立つんです。

問題行動をとっている犬からしてみれば、それを止めさせようとする人の行動自体が、
自分に降りかかる嫌なことですから、どうしても犬も 『イライラするわ~』となってしまいます。
イライラすると、どうしても、怒ったり、力で押さえつけたりしてしまいがちになります、
犬もイライラすると、同じように、力で反発してくることが多くなります。
反発したときに、人が躊躇して引いてしまうと、
負の強化の随伴性によって、反発する行動が増えてくるでしょう。
かと言って、おとなしく服従するまで押さえつけるのは、下手をすると咬み犬を作ってしまうことになりかねません。
ようは、嫌だって言って反発しているのに、さらに押さえつけるわけですから、
女の人が痴漢にあっている状況と似ている、やめてといっても止めてもらえなかった場合
もっと、強く意思表示するはずです。もしくは、恐怖から動けない状態にさらされる。
押さえつけられている犬からすれば、もっと激しく抵抗せざるを得ない状況に追いやられるわけです。

そこで、咬みつきがでます。咬みつかれたら、さすがに人は躊躇してしまう。

押さえつけられている ⇒ 咬みつく ⇒ 押さえつけられていない

『咬みつけば止めてくれるんだ』 という学習になりやすいわけです。

非常に困ったことになりかねません。

こういうことにならないように、やっぱり、なおすのではなくて、教えるが重要。
それでもって、別のカリキュラムで抑制を養うトレーニングを行う。

ここ最近、無力感にさいなまれることがちょこちょこあるのですが、 

結局のところ、自分の行動が一番調節が効くわけですから、
自分の行動を変えることによって、随伴性に変化を起こして行くことが出来ればいいのですが、
なかなか、自分の行動は見えないんですよね。

留守番中の犬のトイレのしつけ

ダックスダックスちゃんは、胴が長いので前足だけトイレの上でしてしまって失敗ということが多いようですが、本当なのでしょうか?上手く教えればまったっくもって問題ないはずなのですが?

犬のトイレのしつけは、人のトイレのしつけより遥かに覚えてもらいやすと思います。
ポイントは成功したことに対して、しっかりと付加価値をつけてあげることです。褒めるでも、オヤツでもなんでもいいので、それをあげたら成功率が上がるようなものを施すだけで成功率は雲泥の差になりますよ。後は、成功してご褒美を上げられるような環境設定に尽きます。もうこれしかないでしょう。失敗を叱ったり、怒ったりしても100%悪化すること間違いなしなので気をつけてくださいね。

問題はお仕事などで人が留守がちになるご家庭でのトイレのしつけですが、これは犬の性格にもよりますが苦戦する時があります。人がその場にいないと言うことは、犬にとってメリットのある対応が出来ないので当たり前ですが学習効率が悪いです。
留守番スペースを広くしたり、心配事を減らしたうえで、『失敗して踏んだりしたら気持ち悪い』という自然の習性も使いながら、トイレと居住スペースの違いを理解してもらうしかないので少々大変です。
休日に集中的にトイレの練習をしていけばかなり進歩はするので頑張りましょう。

お悩みの方は、是非ご連絡くだいいね~。

名古屋市からアジリティー教室

犬のしつけ ブリタニー名古屋市からブリタニースパニエルの「あっくん」がアジリティー教室へ来てくれました。
甘噛みがスッポンのようにしっかりと噛みついてきます、飼い主さんは犬のしつけのトレーナーさんなので、全く問題は無さそう、「良かった良かった」。
これが一般のかたでしたら、かなり悩まれると思いますが、やはり犬に慣れているのでしょうね。
同じブリタニーのりんちゃんと比べると、パワフルさはでは、上回れない物の、大胆不敵なのはあっくんです。
同じ犬種でも、全く性格が違うのが当たり前ですので、新しい子を迎える時は、先住犬が大人しいから同じ犬種を選ぶというのはリスクが大き過ぎますよ、「こんなはずではなかった」とならないように気を付けましょう。
初めて犬を飼う方、新たに2頭目を迎える方、お気軽にご相談くださいね

大府市からアジリティー教室に来てくれました

アジリティー ブリタニー大府市からブリタニーのリンちゃんが、アジリティー教室に来てくれました。りんちゃん、パワフルな走りをするのですが、物凄く察しがいいので自分で考えてハンドラーのタイミングに合わせてハードルを狙っていってくれます。何を教えても学習スピードがはやいですね、これだけスピードがあっても落ち着いているのは凄いと思います。最近は全体的に少し落ち着いて来ました。
後の問題行動は散歩での引っ張り行動だけですが、これがまた、中々難しいのですが、近所での散歩はいい感じの部分もあるようなので、もうしばらくで努力が報われると思います。継続は力なりですね

安城市へ犬の出張トレーニング パグちゃん

パグ犬 お散歩しつけ安城市のパグ犬ちゃん家へ、出張しつけ教室に行ってきました。朝のご飯頂戴の要求吠えはだいぶ改善されてきたようです。
日中の無駄吠えに関しては少々手こずっておりますが、何とか落ち着いてくると思います。散歩での引っ張も、ゆったりした散歩の効果で引っ張らないのですが、問題は止まって動かなくなることです。これは、ちょっと難しい感じ。
どうしても止まった時に抱っこやオヤツで釣ることが定着しやすいのでちょっと時間がかかるかもしれません。
フリーにしている時も全体的に落ち着きが出てきていい感じでした。10ヶ月のお子さんがみえるので、そこの折り合いをどうつけるかが今後の課題です。

トイプードルこちらは、岡崎市からお越しのトイプードルのまりんちゃん。落ち着きがあり、怖がりでもなく、安定した性格のかなりいい子ですね。クリッカーを使って、シェーピングでマットまで行って伏せるという行動を頑張っていただきました。僕の予想に反して自分で考えて動き始めるのが早かったです。それでも「細かい困った」と言うのはあるものですね。
物凄く可愛がられていて、勉強熱心な飼い主さんですので、まりんちゃんも幸せ。

半田市からダップーのはぴくん

プードルダックス半田市から来ていただいた ダックスとプードルのミックス犬、はぴくん 可愛いですよ。
飼い主さんが、元気良すぎると仰ってみえましたが・・・本当に元気、全く怖がったりしないのでとってもいい子なのですが、1時間止まらずに動いていました。トイレの失敗のアドバイスに甘噛みの対策などをさせていただきました。
次回までに効果が出てくる予定です。

犬のしつけ教室 で大切なことって?

ミニチュアシュナウザー高浜市から来ていただいているシュナウザーちゃん、本日が2回目なのですが、前回来ていただいてから1週間の間にかなり良くなったと言っていただけました。犬と飼い主さんのマッチングも良かったので大丈夫だとは思っていましたが、こういう報告は嬉しいですね、もっと上手く伝えられるように頑張ります。
逆に大変で良くならないというご連絡も大歓迎ですので、ご遠慮なくおっしゃってください。

さて、犬のしつけ教室なるものは沢山あるのですが、皆さんは何を基準に選ばれていますか?アジリティーやオビディエンスを頑張っている犬も、根本は家庭犬ですので家庭の中でご家族と問題なく過ごしていくのに必要なしつけは、スワレ、フセ、マテなどではなく、家の中で拘束なしフリーにして過ごしていても問題なく共生できるようになれる レッスンが大切だと思います。
折角、犬を飼って楽しい生活を思い描いていたのに、犬は自由にさせてはいけない、一緒に寝るのもダメ と言われる事もあるみたいですね。無論、そういう場合も稀にはありますが、そうすることによって犬がリーダーになってしまうとか、そういうことではないです。スワレやフセも生活の中で出来るようにしていければ、ちょっと動かないでいて欲しいときには便利ですけどね
ただ、教えるのは簡単なのでリードを引っ張ったり圧力をかける必要はないですし、僕はもっと気楽に犬との生活を楽しみたいと思うのですが如何なものでしょう。

色々な情報に惑わされて悩まれている方は是非ご相談ください。理論的に納得していただけるようにご説明させていただきます。

夕方のアジリティーレッスンは涼しくて快適

ラブラドゥードル今日は日中暑かったですね、皆さん愛犬の熱中症には十分お気を付けください。日中の暑さが落ち着いた夕方からのアジリティーレッスンは涼しくて快適でした。岡崎市から遥々来ていただいているラブラドゥードルの大吉くん、なかなか集中を持続するのが難しい子ですが、今日のレッスンはいい感じだったと思います。
どうしても、ラブっぽいフラフラっと集中が途切れることが多いので、集中が切れたときにタイムアウトを使って修正していくのか、徹底的に正の強化で集中している行動を継続していくのか悩むところです。練習の中で段階を追って、「終わり」の弁別刺激が出るまでは集中し続ける事が出来るようにカリキュラムを組んでみましたが、まだ色々な刺激の強い場所では難しいみたいです。先ずは出来ることを徹底的に強化する事が出来れば伸びていきますので、上手くカリキュラムを組み立てて行きたいものです。

岡崎市へ無駄吠えの出張しつけ教室

トイプードル今日、最後は岡崎市に出張レッスン、来客時に吠えが大変なトイプードルちゃんでした。来客時、興奮すると激吠えで、あくる日に血便までしてしまうそうです。
本日2回目のレッスンにて。何とか目処が立ちそうな雰囲気でホッとしました。

1回目のレッスン動画、興奮してしまうと、オヤツを上げても全く食べようとしません。

2回目のレッスン動画、先ずは、興奮させなければ良いという結論で、ハウスに入る練習、無駄吠え対策としての呼び戻しの基礎をやった後は、かなり落ち着いていていい感じで終了、僕が帰るときも吠えなかったのは凄い。